エイトボールのルール

使用する球 1番〜15番の的玉と手玉
先攻プレーヤーの決め方 バンキング
ラックの組み方 15個のボールを先頭ボールをフットスポットの上に置いて三角形に組む。
先頭は1番ボール、8ボールをラックの中心に置き、一番下の端にはそれぞれローボールとハイボールを置き、それ意外は任意に配置する。8ball_rack
ゲームの始め方 先攻プレーヤーのブレイクショット。
ゲームの進め方 ソリッド(1〜7までのローボール)とストライプ(9〜15までのハイボール)のどちらかを互いのグループボールとしてポケットして行き、最後に8ボールをコールショットでポケットする。
グループボールの決め方 ブレイクで的玉が入った場合に、先攻プレーヤーがグループを選ぶ。
ブレイクで何も入らなかった場合は交代したプレーヤーが選ぶが、ポケットできなかった場合は再度交代し、先攻プレーヤーが選ぶ。
プレーヤーの交代 的玉をポケットできなかった時。ファールした時。
ゲームの勝敗の決め方 自分の持ち玉を全てポケットした後、8ボールをコールショットでポケットしたプレーヤーが勝ちとなる。
試合での勝敗の決め方 セットマッチ制が一般的。設定したゲーム数を先取したプレーヤーが勝ちとなる。
トーナメント 以前はアメリカを中心にトーナメントが開催されていたが、現在は非常に少なくなっている。
ファール 自分のグループボールがまだ残っている状態で、8ボールに最初に当ててしまった場合。
  最初に相手のグループボールに当ててしまった場合。
  スクラッチ、球触り、ノークッション、二度撞き、ボール場外、足離れ。
ファール後の処置 フリーポール
負けとなるファール ブレイクで8ボールが場外した場合。
  8ボールがコールショット以外のポケットに入ってしまった場合。
  自分のグループボールがテーブル上に残っている時点で8ボールがポケットに入った場合。
  自分のグループボールが残っていない状態でファールした場合。
  自分の最後のグループボールと8ボールをダブルインさせた場合。
  スリーファールした場合。
ファールにならないルール 8ボールがブレイクでポケットされた場合は、フットスポットに戻して再開するか、ラックを組んで再プレーとなる。
  グループボールが決定していない段階で、8ボールに最初に当ててセーフティーを撞く場合。

 ポケットビリヤードへ