フォーティーンワンのルール

使用する球 1番〜15番までの的玉と手玉
先攻プレーヤーの決め方 バンキング
オープニングラックの組み方(最初) 15個のボールをフットスポットに先頭のボールを置いて三角形に組む。
先頭に15番ボール、左下角に5番ボール、右下角に1番ボールを置く。14-1_rack
ゲームの始め方 先攻プレーヤーのオープニングブレイクショット。
オープニングブレイク コールショットで的玉をポケットする。
セーフティーショットの場合は手玉と的玉を最低2個クッションに当てなければならない。
ラック先頭の玉に当てなくても良い。
オープニングブレイクのファール処理 ① 現状のまま相手プレーヤーがプレーを続行する。
スクラッチの場合はキッチン内でフリーボール。
② 再度ラックして、ファールしたプレーヤーのオープニングブレイクでプレーを再開する。
ゲームの進め方 的玉の番号に関係なく、任意に選んだ的玉をポケットさせていき、残った的玉が1個になった段階で手玉と的玉をテーブル上に残したままラックを組み、プレーを再開する。
プレーヤーの交代 的玉をポケットできなかった時。ファールした時。
ラックの組み方
(ゲーム途中)
フットスポットにボールが置けるスペースを残して、14個のボールを三角形に組む。
この時のボールの番号は全て任意。14-1_rack-2
正常にラックが組めない
場合の処置
① 手玉がラックするスペースにある場合は、手玉をキッチンへ移動する。
この時、ブレイクボールがキッチン内にある場合は手玉をヘッドスポットに、ヘッドポイントに置けない場合はセンタースポットに置く。
② ブレイクボールがラックするスペースにある場合は、ブレイクボールをセンタースポットへ移動する。
③ 手玉とブレイクボール両方がラックスペースにある場合は、15個の的玉でラックし、オープニングブレイクで再開する。
ブレイク
(2ラック目以降)
オープニングブレイクとは違い、ノークッションや二度撞きなどの通常のファールをしなければ良しとされる。
ラックのどのボールにあてても良い。
得点の加点方法 ボールの番号に関わらず、コールショットでポケットした的玉1個を1点と数え、コールした的玉と同時に他の的玉をポケットした場合にはそのボールも得点となる。
ファールの減点方法 ファール1回につき1点減点となる。
スリーファールの減点方法 ① スリーファールに対しては、15点減点となる。
② スリーファールが決定した時のファールに対しては、1点減点となる。(したがって15点と1点を合わせて16点の減点となる)
オープニングラックのファールへの減点方法 ① 現状のまま相手プレーヤーがプレーを続行する場合とスクラッチの場合は1点減点となる。
② 再度ラックして、ファールしたプレーヤーのオープニングブレイクでプレーを再開する場合は2点減点となる。
ゲームの勝敗の決め方 設定点数を先取したプレーヤーが勝ちとなる。
試合での勝敗の決め方 設定点数を先取したプレーヤーが勝ちとなる。
ファール スクラッチ、ノークッション、二度撞き、ボール場外、足離れ
ファール後の処置 ① スクラッチ以外は現状から再開。スクラッチの場合はキッチン(ヘッドラインからヘッドレール)エリア内でフリーボール。
② キッチン内に全ての的玉がある場合は、ヘッドラインに一番近いボールをフットスポットへ移動する。
スリーファール 3回連続でファールした場合にスリーファールとなり15点減点されるが、負けとはならない。
スリーファール後の処置 現状のままプレーを再開するか、ラックしてスリーファールしたプレーヤーがブレイクする。
備考 14-1とも書き、ストレートプールともいう。

 ポケットビリヤードへ